会社案内

ご挨拶

株式会社 ミツワ製作所
株式会社 ミツワ製作所

黄銅棒、青銅棒の切削加工のことなら昭和40年設立の実績がある、ミツワ製作所へお任せください。伸銅部品の金属加工、真鍮棒・青銅棒の切削加工をしており、多軸自動盤、5軸NC旋盤を主に少ロットから大量ロットの部品を加工します。(生産量月産170t~200t)(加工サイズφ10~φ60)最高の技術力と充実した最新設備で高品質を求め、お客様のニーズに対応し、三つの言葉をモットーとして、日本の産業社会を支えるパーツメーカーとして成長しようと努力しております。

  • ミツワ製作所は、顧客に喜ばれ、成長し続ける会社を目指す。
  • ミツワ製作所は、品質と安心を提供いたします。
  • ミツワ製作所は、顧客に心地よく感じていただく会社を目指す。

「製品と一緒に納品するもの、それは熱意です。」

会社概要

会社名 株式会社ミツワ製作所
代表 松山 英樹
所在地 〒800-0211 福岡県北九州市小倉南区新曽根3-1
電話番号 093-471-7220
FAX番号 093-473-5707
メールアドレス info@mitsuwa-p.jp
営業品目 ◆水栓金具部品加工
◆棒材品の機械加工
◆真鍮加工
◆真鍮金具
◆真鍮切削
【品目】
・棒材品
・黄銅棒(C3604BD) 
・青銅棒(CAC406C) 
【加工内容】
・NC旋盤
・6軸自動盤
・フライス盤
・パワープレス
・ボール盤
資本金 1,000万円
設立年月日 昭和40年5月
従業員 48名(男性34名/女性14名)
主要取引先 TOTOアクアテクノ株式会社
株式会社LIXIL
株式会社ナニワ製作所
株式会社十川ゴム
他29社
取引先銀行 北九州銀行 苅田支店 
三菱東京UFJ銀行 北九州支店
営業時間 8:15~16:50
休日 年間108日

会社沿革

昭和40年 東陶機器株式会社水栓金具部品切削加工協力企業として設立
昭和47年 第一次設備近代計画の実地。自動ボール盤の開発に着手(シャワー散水板加工用)
昭和50年 NC自動ボール盤の開発に着手(福岡通産局技術改善費受給)
昭和51年 第一次設備近代化完了以後、逐次設備改善を推進
昭和52年 福岡労働基準局より優良事業所として表彰される
昭和56年 北九州市より優良事業所として表彰される
昭和57年 汎用ターレットのNC化に着手(北九州市技術振興改善補助金受給)
平成元年 第二工場増設
平成4年 福岡通産局より優良事業所として表彰される
平成9年 鋳物品加工分野より撤退
平成11年 NC六軸自動盤導入(計5台)
平成14年 工場、現住所への移転
平成24年11月 渡邉浩より松山英樹へ代表者変更
平成26年10月 5軸NC旋盤導入(計4台)
平成28年10月 5軸NC旋盤導入(計3台)
平成29年5月 5軸NC旋盤導入(計2台)
株式会社 ミツワ製作所
<アクセス>

【JR九州利用】
JR小倉駅から車で25分
JR下曽根駅から車で6分

【飛行機利用】
新北九州空港から車で25分

【カーフェリー利用】
新門司港から車で15分